無職でも融資を受けるにはどうすればいいか

キャッシングベスト3

無職でも融資が受けたい!どこで借りればいいんでしょうか?

数ヶ月前に契約が切れてから再就職ができないままです。貯金も減って来たので、どこからか融資を受けたいと思うのですが、どこも無職で貸してくれるところなんてありません。

貸してもらえそうなところは、なんだか怪しそうなところばかり。これではちょっと不安です。どこで借りればいいのか教えてください。

無職の人は国の支援資金を使う手もあります

失業して無職になってしまった人こそお金が必要やけど、無職でお金を貸してくれるような業者はないというのが現実や。安定した収入がない人にお金を貸すというのは、業者にとってもリスクあり過ぎやから、これは仕方ないことやろうな。

また、無職でも審査なしでお金を貸すところがあったとしたら、ちょっとヤバいところやったりするしな。こんなところでうっかり借りてしまうと、今よりさらに問題が大きくなってしまうから要注意や。お金に困っていると、これは危ないなと思ってもつい手を出してしまうこともあるから気をつけなあかんな。

無職の状態のままお金を借りるのにはどうしても無理があるな。まずは職探しが先決や。そのためにはハローワークで求職登録することが重要や。そこで職が見つかれば、消費者金融からでもお金を借りることができるようになる。でも、ここでもなかなか職が見つからないとなると、今より生活も苦しくなってくるかもしれんね。

このように生活に困った状況に陥った場合には、やはり国の支援制度を使うのが最適やろう。失業者への支援としては総合支援資金という貸付制度がある。これはハローワークが窓口になっているので、引き続きここで相談をすればええね。

この制度を使えば債務整理の費用も借りることができるので、本当に困っている人には是非利用してほしい。独り者の場合は月15万円まで最高12ヶ月の融資を受けることができる。住宅がない人には40万円を住居費用として貸してもらえるので、一からでも生活の立て直しができるんや。ものすごく困った時にはこんな国の支援制度もあるということを念頭に、求職活動を頑張るのが今は先決やね。

無職の人が融資を受けることは難しいが無理ではない

無職の人が融資を受けようと思っても断られてしまうことは多いでしょう。住宅ローンなどの大きな資金を借りようと思った場合には、基本的には無理だと考えておかなければなりません。審査が厳しいですから、審査に落とされてしまうことも多いのです。ただし、キャッシングなどの場合には審査が甘いですから、利用できる場合もあります。

無職の人がなぜ借りることができないのかというと、返済ができないからです。収入がないと返済をすることは難しいですから、審査の段階で落とされることになります。金融機関のシステムとして、働いていない人に貸し付けを行うと言うことはできないと考えておきましょう。

では、どうすれば良いのかというと、もっとも良い方法は職を探すことです。正社員でなければ借りることができないという時代はすでに去っていて、アルバイトとして生計を立てていたとしてもキャッシングであれば借り入れができる場合が多いです。申し込み情報として「無職」と書けば審査に通ることはまずありませんが、「フリーター」と書いておけば借りることができる場合が多いのです。

ですから、まずアルバイトを探すのが良いでしょう。アルバイトではなくても派遣社員として働くことができれば良いです。短期間の派遣社員であっても、登録をして派遣されれば職を得たことになりますから、これで審査に通る可能性は高くなると考えられます。

雇われていなければならないというわけでもありませんから、例えば自営業として収入があるのなら借り入れをすることができる可能性は高くなります。ネット上でビジネスを展開していて収入があるのなら、借り入れをすることができることもあります。

このようにすれば融資を受けることもできますが、返済のことも考えておかなければなりません。将来的に職が見つかって返済ができるというのであれば融資を受けても良いですが、返済できる見込みがないのなら借り入れをするべきではないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 なぜ銀行のローンに通らないか?→ローン審査に関する情報を読む All Rights Reserved.