なぜ銀行のローンに通らないか考えられる原因は何ですか

私は既に50歳で遅まきながら郊外に家を持とうと考えています。色々と探してやっと銀行に住宅ローンを申込んだのですが審査には通りませんでした。よく他のローンを借りていると審査に通りにくいと言われますが、私は特に現在利用しているローンも無く、何が問題だったのか分かりません。しかし家をあきらめたくはないため問題点を改善して再度申込みをしたいと考えています。そこで銀行でローンを申込む場合に何が審査に通らない原因になるのか教えて下さい。

ローンによっては健康状態や年齢も考慮されることが有ります

銀行に限らず金融機関はお金を貸して利息を取ることによって利益を上げています。ですからどの金融機関もお金は貸したいのがやまやまなのです。しかし返済してもらわなければ利益どころか赤字になりかねませんので、ローンの申込者が実際に返済出来るのかどうかを融資する前に検討することになります。これが審査と言われるものです。この審査は金融機関毎に持っている審査項目によって行い、小さなお金の場合は緩いですが、大きなお金の時はより厳密に行われます。

まずどんなローンでも共通する審査に通らない原因としては、まず収入が少ない場合です。収入が少なければその中から返済していけるかどうか微妙ですから、そういう人には貸さない訳です。次に信用情報に問題が有る場合です。収入に問題が無かったとしても、過去にローン返済などで滞納などが有ったり、さらに債務整理をしたような人にはとても危なくて貸せません。また他の業者のローンを利用しているような人の場合も金融機関は嫌がります。

また銀行には適用になりませんが消費者金融を利用するような場合には、貸金業法に定められた総量規制などの法令で決められた制限も有ります。この場合金融機関が融資できると判断したとしても、法令によって融資を行うことが禁止されます。したがってたとえば学生や専業主婦の様にかつてはそれなりに簡単に借りられていたような人たちがなかなか借りることが出来なくなってしまった訳です。

さらに住宅ローンのような大きなローンでは返済に20年とか35年とか掛ってしまう事になりますので、ある程度若くなければ貸してくれません。あなたの場合50歳と言うことですと例えば35年ローンを組むと完済する頃は85歳になってしまいますので、まず融資は無理です。そうかといって返済期間を短くしてしまうと月々の返済額が大きくなり収入に見合わなくなってしまう事になります。あなたが審査に通らなかった理由としてはこのあたりが考えられます。

また住宅ローンはかつては連帯保証人を立てて借入していましたが、現在では団体生命保険に入る事によって連帯保証人が必要無くなりました。要するに利用者に万一のことが有った場合は生命保険金によって以後の返済が行われるようになっているわけです。このため住宅ローンを借りる為にはこの生命保険の健康診断に通らなければローンの審査にも通らない訳です。年齢を重ねると誰でも体に不調が出てくるものですから、この点も十分注意が必要と言う訳です。

なぜ銀行のローンに通らないか、原因はコレかも!

銀行のローン審査は難しいと言われます。実際落ちてしまう人もいるわけですが、なぜ銀行のローンに通らないかその原因を理解している人というのは意外と少ないかもしれません。銀行のローンに通らないというのは、もちろん原因があってのことですので、その原因を知ることで自分 がローンを申し込んだときに落ちてしまう可能性を少しでも減らすことが出来れば良いですよね。

銀行のローンに通らない原因はいくつかあります。まず、現在他のローン返済をしているということが挙げられますね。他のローンが住宅ローンなのか、自動車ローンなのか、カードローンなのか、クレジットカードのキャッシングなのか、その種類もいろいろあるかと思いますが、どのローン返済をしていたとしても毎月一定額の返済をしている状況にある事には違いありません。そこに追加で返済しなければいけない金額が発生してしまうと、返済が滞ってしまう可能性が出てるため、審査に通らないと考えられます。

他には、過去に自己破産をした、なんていうことも原因として挙げられますね。自己破産をしてしまうと、最低でも5年間はその事実が信用情報に登録されることになります。自己破産というのは、借金残高を帳消しにしてしまう行為です。お金を借りた人としては救われるかもしれませんが、貸した側は大きな損害になってしまう行為ですよね。自己破産の経験があるという人は、今回確実に返済できる保証というのがありません。また返済出来ないかもしれないと思われてしまうのも当然です。だから審査に通らないんですね。自己破産を経験していたとしても、5年経過すればその情報は削除されますから、どうしても銀行ローンを利用したいのであれば、5年経過してからの申し込みをした方が良いですね。

私はこんな理由で借りました!

即日融資は本当に助かりました

飼い猫が病気になってしまって、動物病院って凄いお金がかかるんですよ。点滴打ってもらうだけで1回5千円とかかかり、その他に薬代などもあり、貯金が底を尽きてしまったんです。

ずっと飼ってきた猫ですし、出来る治療はきちんとしてあげたいなって思ってるんです。

色々悩んだんですけど、サラ金からお金を借りる事にしました。病院に行く日だったので、即日融資を望んでたんですけど、本当に当日中にお金を振り込んでもらう事が出来ました。インターネットからすべて申し込みや審査などが完了したので、本当に助かりました。ちゃんと治療をさせてあげられたお陰で、猫も快方に向かってます。

物入りな時期も乗りきれた!

私は兄弟の末っ子なので、甥や姪がいます。それで毎年お正月にはお年玉を渡しています。それに年末年始って忘年会や新年会、帰省など、お金がいることが多いんです。それで毎年この時期になるとお金が心配になります。その上、今年は特に出費が多くて。

それでも、この時期を乗り切ればなんとかなる、そう思った私は、カードローンを利用することにしたんです。でも、実際にお金を借りたことはないので、どうやったらいいのかわからなくて。

そこで、よく聞く名前のカードローン会社のホームページを見てみたら、借り方がすごく簡単なことがわかりました。実際、本当に簡単でしたよ!

趣味に使うお金を借りました

僕の趣味はジオラマ(鉄道模型)。最初は集めているだけでよかったんですが、やっぱりかっこよく走らせてあげたい!と自室をこつこつと改造し、立派なジオラマを作るために日夜頑張っています。だけど、この趣味もハマってしまうととってもお金がかかって…。

お小遣いだけでは正直ろくにやっていけないところもあるんです。趣味だけにお金を使うわけにもいきませんしね。とはいえ、自分の理想のものを作りたい気持ちがとっても大きくなったんです。

なので思い切ってカードローンを利用してみることに。欲しい物をすべて購入して、こつこつ返済していく道を選びました。審査を申し込んだその日に借りられたので、お金を借りた足でショップに行きましたよ(笑)

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 なぜ銀行のローンに通らないか?→ローン審査に関する情報を読む All Rights Reserved.